地域に溶け込む家。

周辺地域に馴染む家をつくります。

昔の民家は、その土地に根ざしたつくりをしていて、
集落や街並み全体がひとつの調子をもち、風景にしっくりと溶け込んでいました。 民家が、その土地で手に入るものできていたことも要因でしょう。

閉じ過ぎず、開き過ぎずのいい頃合いと、草木や花にあふれた姿が理想的。
「木組みの家」は、高温多湿な日本の気候風土にぴったり合っています。
人の目にやさしく、長い時がたつほどに地域に溶け込み、
落ち着いた街並みを成してくれるのが楽しみです。

close