太陽と風と暮らす家。

心がけているのは、「周辺環境と溶けあう家づくり」。
太陽の動きや風の流れをつかみ、草花が茂る地面と触れ合い、
地熱や雨水を利用して、屋根や壁は緑で覆う。
まるで大地にぎゅっと根を張った木のような家を。

開けたり、閉めたり。脱いだり、着たり。
風を通し、光を取り込み、日なたと日かげをつくること。
日々の暮らしでの少しの努力と設計の工夫、
そして自然環境に寄り添おうとする心の在り方が鍵だと思います。

close